DIYの利点

おしゃれなDIYのための材料選び

2000年以降収納をテーマにした物件を良く見かけます。階段の空間スペースを利用した物置やレールを付ける事によって倍の収納が可能なクローゼット。DIYもその一つです。なくても良いけどあったら便利と言う日本人の繊細な知恵を生かした居住間スペースは温かみある空間へと変わってゆくのです。 DIYに関する資料やインターネットも年々右肩上がりに増えています。100円均一の材料で出来る本棚や使わなくなった子供机を再利用した食器棚などご自分の力量で便利な物に再利用されるのです。 例えば本棚をDIYするときホームセンターで板を買い更にはカットして貰うと数千円かかります。それでは量販店で購入できる既製品と大差ありません。しかし100円均一で販売されてるスノコを使うとわずか数百円で本棚が作れるのです。このように板を釘などでつなぎ合わせるのではなく、スノコやおしゃれな発泡スチロールなど使える材料は100円均一に沢山あるのです。

既製品とは違う愛着とその時間

量販店で販売されている収納棚はプロが作っていますのでそれはすばらしい商品です。素人が作ったDIYでは敵わないかも知れません。ただ、愛着とそれを作った作業過程が居住空間に温かみを与えてくれるのです。 スノコを5枚木工用ボンドで繋げるだけで椅子や収納箱が完成します。そこにおしゃれを取り入れた個性を出します。カラースプレーやお子様のシールなどを張ることによって世界に一つだけのおしゃれ収納が出来るのです。 一人で作って自負するのも、家族で作業するのもDIYをやる上でのもう一つのメリットです。買ってきて置くのではなく、作業過程を楽しめれば例え少し曲がっていてもそれは世界に一つだけのおしゃれ収納になるのです。誰でも初めは上手くいかないことのほうが多いと思います。まずは作ってその温かみを感じるところから始めましょう。